日本語ワープロ検定試験

本検定試験は、パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語の入力および文書処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として実施する。
過去問題
試験月 問題 模範解答
第126回 令和 3年 2月
第125回 令和 2年12月
第124回 令和 2年10月
第123回 令和 2年 7月
第122回 令和 2年 2月
第121回 令和元年12月
第120回 令和元年10月
第119回 令和元年 7月
ワンポイント 設定方法や解答方法などを「各種検定試験解答方法」にて掲載しています。
Microsoft社のWord2013、2016のバージョンごとにPDFファイル形式でご用意していますので、左のアイコンをクリックしてご活用ください。
【過去問題の使用について】
法律で認められている場合を除き、事前に当協会から承諾を得ることなく、私的利用以外で過去問題をそのまま、あるいは改変して無断転用、無断複製などをすることはできません。
私的利用の範囲を超えて使用する場合は、必ず当協会の承諾を受けるための申請を行ってください。
 
 
試験基準
■1~4級
○速度……正確な入力を判定する。(1行40文字とする)
試験時間 用紙サイズ 1ミスに
対して
漢字含有率 文章内容 出題内容 合格文字数
4級 10分 A4判縦 1文字減 23%~26% 一般的現代文 手書き問題
から入力
200文字以上
3級 300文字以上
準2級 3文字減 25%~30% 400文字以上
2級 500文字以上
準1級 5文字減 25%~35% 600文字以上
1級 700文字以上
○文書作成……正確で体裁のよい文書作成能力を判定する。(1行40文字とする)
試験時間 用紙サイズ 1ミスに
対して
出題内容 合格点数
4級 20分 A4判縦 2点減 手書き問題から
ビジネス文書作成
80点以上
3級 手書き問題から
ビジネス文書作成(表を含む)
準2級 手書き問題から
ビジネス文書作成(表を含む)
2級 手書き問題から
ビジネス文書作成(表を含む)
準1級 手書き問題から
ビジネス文書作成(表・地図を含む)
1級 手書き問題から
ビジネス文書作成(表・地図を含む)
※その他…試験時間内には、出力時間・説明時間を含まない。
※速度問題と文書作成問題の2つの基準をクリアしてはじめてその級が合格となります。

■初 段
速  度 文書作成Ⅰ 文書作成Ⅱ
試験時間 10分 20分 20分
用紙サイズ A4判縦 A4判縦 A4判縦
1ミスに対して 5文字減 2点減 初段減点基準(文書作成Ⅱ)」に従う
漢字含有率 35%~40%
文章内容 一般的現代文 手書き問題から
出題内容 手書き問題から入力 ビジネス文書作成
(表・地図を含む)
文字の処理、グラフの挿入、表内データの処理(計算、並べ替え)、図形挿入、段組み など
合格文字数 800文字以上 80点以上 80点以上
※その他…試験時間内には、出力時間・説明時間を含まない。
※速度問題と文書作成Ⅰ問題と文書作成Ⅱ問題の3つの基準をクリアしてはじめて合格となります。
 
採点の詳細 採点に関する詳細や、採点例を PDFファイル形式でご用意しています。
左のアイコンをクリックしてご活用ください。
 
試験日・受験料
試験日
第127回 第128回 第129回 第130回
令和3年7月4日(日) 令和3年10月10日(日) 令和3年12月5日(日) 令和4年2月20日(日)

◆受験料(税込み)
4級 3級 準2級 2級 準1級 1級 初段
1,500円 2,000円 2,300円 2,500円 2,800円 3,000円 5,000円

 

 
受験申込について
学校団体受験 学校教育法に定める学校(小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学)および、専修学校、各種学校、専門学校
   
一般団体受験 企業・パソコン教室
NPO法人・各種支援事業所

 

   
個人受験をお考えの方へ
?
ログインはこちら
学校コード
パスワード

ログインはこちら
学校コード
パスワード
copyright(c) Japan Testing Association all rights reserved.
ページトップへ