学習指導要領の改訂


ICT教育
プログラミング

あなたの学校はどう動く?

学習指導要領が改訂され、
授業の在り方が大きく変わっていくのは
ご存知ですか?

学習指導要領の
「三つの柱」

知識・技能

思考力・判断力・表現力等

学びに向かう力、人間性等

  • 「問題発見・解決に向けた主体的協働的な学び」いわゆるアクティブラーニングが重要です。
  • 学ばせる授業」から「自ら学ぶ授業」へ
    (子どもたち自身に学びを任せる授業)
  • プログラミング教育が小学校から
    必修科目になります!
お問い合わせはこちら
授業でこんなお悩み、ありませんか?

新学習指導要領が掲げる「三つの柱」に沿って、私たちにできることは何かをご紹介します

生徒にICT機器を使わせたい!

ICT機器を活用できる
基礎作りをお手伝い

ご提案

  • ICT教育の基礎・基本である「キーボード入力」から始め、基礎を築く。
  • まとめ、集計、発表など、基本的な「アプリケーションソフトの機能」を習得。

社会に役立つ力を身に付けさせたい!

生きて働く知識・技能の
習得
をお手伝い

ご提案

  • ワープロソフトを使用しビジネス文書を作成する技能を習得。
  • 関数を使った表計算ソフトの知識や技能を習得。
  • プレゼンテーションソフトを使用し、発表する技能を習得。

授業に集中させたい!

主体的に授業に
取り組ませるお手伝い

ご提案

  • 目的を明確にし、目標を持って授業に取り組ませる。

生徒にもっと体感的に授業を受けさせたい!

主体的対話的で深い学び
(アクティブラーニング)のお手伝い

ご提案

  • 調べた内容をまとめ、プレゼンテーションソフトを使って発表する能力の習得。
  • 話し合いで他者の意見と自分の意見を知り社会性を養う。

学習指導要領に
沿ったシラバスのご提案

シラバスに則って計画的に
授業を進めていただければ
学習指導要領に即した授業を
展開することができます。

授業モデルの提供、シラバス案の提案
お問い合わせはこちら
つまり日検なら
こんな授業ができるんです!

生徒の能力を引き出します

お問い合わせはこちら

練習問題や解答手順書を無料でダウンロードできます

ここまでのすべては
検定試験認定試験を使って
実施することができます!
わたくしどもは検定試験認定試験
実施・運営している
日本情報処理検定協会と申します。
検定試験を評価の一部として
導入してみてはいかがでしょうか。

先生のメリット

授業に活用しやすい

  • 過去問題をそのまま授業教材に活用でき、授業の準備が軽減できます。

評価しやすい

  • 授業計画に合わせやすく、
    試験結果成績評価に反映できます。

日検がサポートいたします!

  • 試験の採点や証書の発行は当協会が行います。
  • 検定問題作成に関わっているスタッフが分からない点を丁寧にサポートいたします。
    また、ご希望があれば学校へお伺いし
    先生に講習をいたします。
  • 試験が年4回あるため、受験機会が多いです。
  • 試験の手続きが簡単で、試験日の変更も可能です。

生徒のメリット

やる気達成感を得ることができます

  • 「目標」を明確に設定し、資格取得という成功体験を積み重ね「達成感」を得ることで意欲を引き出します!

生徒の能力を伸ばすことができます

  • チャレンジ精神が生まれます。
  • 社会で役立つ力が身に付きます。

進学に有利!

  • 当協会の資格を取得することで、
    優遇してくれる大学や専門学校があります!

履歴書に書けるので就職活動に有利!

  • 履歴書に書ける資格が取得できます。
お問い合わせはこちら

関連キーワード

学習指導要領 検定試験 認定試験 資格 授業 シラバス 学習 知識 思考力 判断力 表現力 問題発見 問題解決 議論 協力 情報収集 資質 能力 主体的 メタ認知 リーダーシップ チームワーク アクティブラーニング ICT教育 自主的 社会 人間関係 経験 責任 価値 評価 チャレンジ精神 習慣 目的 成績 評価 達成感 基礎 活用 判断力 自己肯定 大学 高校 中学 専門学校 企業 受験 進学 就職 就活 履歴書 授業モデル 練習問題 解答手順書