教育現場で急務とされている「情報モラル教育」
ただ文章を読ませたり説明を聞かせたりするだけでは、なかなか身に付かないとお考えの先生も多いのではないでしょうか。
そこで当協会では、実技情報モラルを学ぶ教材を製作いたしました。

「実技で学ぶ情報モラル」の特色

導 入

身近な出来事から起きる問題をマンガで読み解く

STEP1

文章を入力して知識を得る

STEP2

プレゼンテーション資料作成問題を解き、要点をつかむ

1.「入力・変換」で情報モラルの重要なキーワードが頭に残る!

ただ文章を読んでいるだけでは頭に入りづらい内容も、キーボード入力・変換をすることで、キーワードとなる言葉が頭に残ります。決まった時間で計測し、何文字打てたかを競わせると、より集中して取り組むことができる授業が期待できる教材です。
 

2.まとめ方の基礎を身に付けることができる!

入力問題からキーワードとなる言葉を抜き出し、プレゼンテーション資料を作成する問題の流れになっているため、要点をまとめる練習をすることができる教材です。
 

3.タイピングの練習ができる!

1題材につき、1000文字程度の文章を入力できるようになっていますので、タイピングの練習としてもお使いいただけます。
 

4.ソフトの基礎的な使い方を学べる!

Power Pointなどのプレゼンテーションソフトを初めて使うといった方でも取り組みやすい内容です。
 

5.試験対策の一環として使える!

本教材の入力問題は、パソコンスピード認定試験(日本語)の問題形式、プレゼンテーション資料作成問題は、プレゼンテーション作成検定試験の問題形式(3級〜2級程度)を採用しているため、試験の練習問題としてもお使いいただけます。
 

6.アクティブラーニングへの応用などさらに発展的な使い方も!

この教材を活用してグループワークでプレゼンテーション資料を作成したり、発表をして相互評価を行ったりといった、アクティブラーニングにつながる発展的な使い方をしていただくこともできます。
 

「実技で学ぶ情報モラル」教材サンプル

画像をクリックするとPDFでご確認いただけます。
 

ご購入について

実技で学ぶ情報モラル
編集・発行:日本情報処理検定協会
販売価格:658円(本体価格:610円)
ISBN:978-4-909086-20-4
A4版40項(10テーマ)
2017年3月1日販売開始



 

使用データ・手順書について

教材で使用するデータ・手順書についてはこちらからダウンロードしてください。
 

お問い合わせ

「実技で学ぶ情報モラル」についてはこちらからお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る